競馬の女王「こじはる」予想の実力は?マネするべき?

芸能人の中でもこじはるは競馬の実力者?

こじはるにはどのくらい競馬スキルがあるのでしょうか?
元AKB48の小嶋陽菜こと「こじはる」の競馬予想を徹底調査しました。
その結果、こじはるの意外すぎる予想スタイルが発覚しただけではなく、競馬との関わりが深いことがわかりました。

こじはる(小嶋陽菜)って?

こじはるは1988年4月19日生まれ、埼玉県さいたま市出身で元AKB48のメンバーでお馴染み。意外にももう30歳なんですね。

こじはると競馬の関わり

AKB48時代やグループ卒業後のタレントとしてのこじはると競馬の関わりをみていきましょう。

こじはるが出演した競馬番組一覧

こじはるは過去に競馬番組に多数出演していました。

MCを務めた「うまズキッ!」

2013年1月5日にフジテレビにて放映された競馬バラエティ番組でMCとして起用されました。

番組内の企画で、2億5000万円で落札されたディープインパクトの弟を「モンドシャルナ」と名付けたことで話題になりましたね。

モンドシャルナはデビュー戦で福永祐一が騎乗し1着になったことで話題になりました。
日本での通算成績は35戦3勝、獲得賞金は5,657万円です。現在、モンドシャルナはフランスで開業した清水裕夫厩舎に移籍。フランスでの活躍にも期待です。

おぎやはぎと予想対決をした「なまうま(NAMA-UMA)」

期間限定コーナーで行われたAKBのガチ馬予想。本番組に出演していた小木とAKB48の宮澤が推薦したAKBメンバー1名と予想対決です。
この推薦枠に基本に入っていたのがこじはる。競馬愛や予想の腕前があってのことでしょうね。
しかしこじはるは目立った成績が残せなかっただけでなく、こじはるを推薦したはずの宮澤が1度も的中させることができずにエンディングで謝罪する珍事件が起きました。

新潟記念で屋台?うまプロ!

競馬応援ソングプロデュースしたり新潟記念でニンジンかき氷をタレントが直接販売するなどで話題になりました。
もともとMCを篠田麻里子が務めていましたが、こじはるが次の代として襲名する形で番組に出演しました。

メインレースの予想に注目!馬好王国〜UmazuKingdom〜

うまズキッ!をほぼ継承した番組。こじはること小嶋陽菜と白石麻衣(乃木坂46)は出演しておりGIレース当日にはスタジオを中心に予想を展開しています。
ここでも「うまズキッ!」で人気だった企画、「こじはる3連単5頭BOX」が継続しています。

本家、日本中央競馬会のCMに出演

大島優子、小池徹平、佐藤浩市、篠田麻里子と共にJRAのCMに出演しました。
競馬が好きなだけではなくJRAのCMに出演していたとは驚きですね。

セクシーすぎる!女性用下着PEACH JOHNのCMで馬と共演

公開された当時は話題となったCMです。こじはるがジョッキーとなってレースを駆け抜け優勝しします。
インタビューでユニフォームを脱ぎ捨ててランジェリー姿となり下着がかるくなったから勝てたと答えるというものでした。
競馬ファンであるこじはるだからこそ、実現した内容でしょうね。

こじはるの予想スタイル

これだけ競馬に関わりが深いこじはる予想には期待ができるのでしょうか?
気になっている人も多いですよね。こじはるの予想スタイルはテレビでも人気企画で披露していた「3連単5頭BOX」です。
点数は60点となり各100円での馬券購入が有名です。肝心な馬はどのように選んでいるのか、気になるますよね。篠田麻里子によるタレコミによれば、
なんと「競馬新聞を読んで、馬の名前とゼッケンの色だけで予想している」というのです。競馬は血統や騎手など予想をするうえで参考材料になるものはたくさんありますが、
まさか馬の名前とゼッケンの色で決めているとは驚きです。意外で斬新な予想スタイルですね。

2016年に行われた、野島崎特別では3、4、5、7、9の3連単ボックスで購入。結果は3-9-7で的中しました。配当金5万4830円が当たった報告をSNSで報告。
AKBを卒業し25歳の誕生を迎える高橋みなみへプレゼンと買うことを考えてましたがそれをみたファンからは馬番が指原莉乃を連想させる「さしこなく」になっているという声がありました。
信ぴょう性は定かではありませんが、こじはるは語呂合わせで予想しているという説もあります。

こじはるの競馬予想の成績

馬の名前とゼッケンの色で予想しているこじはるですが、成績ははたしていいのでしょうか?
2017年と2018年の成績をまとめてみました。競馬の実力をチェックしてみてください。

こじはるの競馬の成績(2017年)

ずばり2017年のこじはるの競馬の成績は「52戦7勝」です。
勝率にして約13%という結果になります。予想したレースは主にメインレースです。
トータル収支は-156,360円となっていますね。一番高い配当のついたレースはアイビスサマーダッシュ(G3)で67,380円の配当を手にしています。
馬の名前とゼッケンの色だけで競馬でこの成績を出しているということは運も含め、実力があるのでしょうか。

こじはるの競馬の成績(2018年)

今年の成績は7月29日現在で「29戦6勝」でトリガミが2回,、勝率は約20%ということになります。
年間を通して勝率に変動はありそうですが、昨年の上回る勝率を維持しています。
本年もメインレースを中心に予想をしているようです。
一番高い配当はフェブラリーSの41,560円です。現在のトータル収支は-49,350円。
2017年と比較すると昨年よりはマイナスながらもよい成績と言えるでしょう。

まとめ

こじはるは出演したテレビ番組などで「3連単5頭BOXはだいたいあたる」と発言しています。
3連単5頭BOXは60点なので、けして少ない点数とは言えません。
素人でも毎週こじはるのスタイルで予想すればこのくらいの実績は出せるかもしれませんね。
しかし18頭立ての場合3連単のが当たる確率は0.02%。的中させることは用意なことではありません。。

こじはるのように的中させるにはある程度の運も味方につける必要があるでしょう。
年単位で見ればこじはるの収支はマイナスながらも万馬券の的中を獲得していますし、競馬好きであることもSNSなどで有名です。
今後もこじはるの予想には目が離せません。
「3連単5頭BOX」はすぐにマネできますし、レース単位で見れば勝っているレースもあるのでこじはるにあやかった形で競馬をしてみるのもおもしろいかもしませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です